お遍路さん42日目 81番札所ー83番

2019年6月16日 お遍路さん42日目

昨日の雷雨も過ぎ去り、本日はやや風があり肌寒かったものの晴天。

そろそろ結願が見えてきました。結願後にお礼回りをするかしないかで、微妙に直近の予定も変わってきます。最初の札所に戻ってお礼をする人や、和歌山県の高野山に行ってお礼をする人、またはその両方を行う人などがいます。更に歩いていくのか、お礼だけなので交通機関を使って行くのかという選択も必要。
私はどうしようか未だ思案中です。ちなみに行かなくても問題ありません。たぶん気持ちの問題。

昨日は妻が高松に来てくれたおかげで、東京に戻らずに仕事関係の書類を書き上げました。本当に助かりました。
昨日の宿泊先は旧ANAホテルだったJRクレメントホテル。一流のホテルですので、本来はお遍路さんの格好をしていると浮くようなホテルです。私は気にしませんでしたが。

久しぶりに良いベットで寝れました。

しかしこのホテル、洗濯機がないので洗濯物を洗えない。洗濯をホテルに頼むと3日後の仕上がりだとか。最寄のコインランドリーまで車で20分のロケーション。

そもそもお遍路さんは荷物を軽くするため、ほとんど替えの服を持っていません。しかも前日は雷雨で服がびちょびちょ。乾燥機も欲しいところだったのですが、もちろんこれもない。

お遍路さんにとって洗濯ができないというのは死活問題なので、一流ホテルは使いにくいなぁと感じました。やっぱりお気に入りのホテル ドーミーインは安定です。

さて今日のスタートは、昨日打ち終った80番札所の国分寺から。今日も高松市内に泊まるため、荷物はホテルに置いて身軽に出発です。

今日は遍路転がしという難易度の高い山道があります。通常の遍路道よりは大変ですが歩いてみたところ、そこはそれほどではなかった。しかしその後道を間違えてしまい、山の中で30分以上遠回りをしてしまいました。

81番札所に行く途中、いくつかの場所で昨日の雨で、道を横切るように川が流れてれていました。水面に出ている岩へ慎重に足を運んで越えていきます。また地面がぬかるんでいるところも多数。足を下ろす場所を間違えると、靴が泥の中にズブズブと埋まります。細心の注意が必要です。

81番札所 白峯寺。地元のボランティアの方々に飲み物やお菓子をお接待頂きました。
画像


82番札所 根香寺。道の至るところに水溜まりがあり、ジャンプしながら進む。
画像


そして83番札所の一宮寺に向かいます。ここは江戸時代まで使われていた古い遍路道を最近復活させた道。でも整備状況が良くない。雑草が伸びてしまい薮みたいになっている所もある。こんな道を延々と歩きました。歩くスピードが出ない。体力の消耗戦。

そしてやっと83番札所に到着。ここまで21kmしか歩いていないのに、到着したのは既に16時半。遍路ころがしを含むぬかるんだ山道で、とんでもなく所要時間がかかってしまいました。やはり前日大雨だと、土の山道は厳しいです。
画像


その後、昨日がんばって途中まで歩いた高松市内の続きを瓦町駅から潟元駅まで歩きました。これは明日の歩くルートを減らして楽にするため。実は明日もまた山道。一部のお遍路ルートは、遍路道の難易度最高級、という噂もある道だから。

歩き終ったのは19時。もう暗くなっていました。今日は最終的に28Km歩きました。
画像


今日の宿泊先は安定のドーミーイン。高松市内に連泊です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック